整体雑記帳

四十肩、五十肩(痛みで腕が動かない)

2020年3月6日

40代、50代を過ぎると出やすくなる症状の一つに、四十肩(五十肩)があります。
これは、多くの場合、腕や肩に負担のかかる体勢をずっと続けていたことで固まってしまい、腕を動かそうとしたときに痛みが走る現象です。

・長時間の運転(ハンドルを握りっぱなし)
・長時間、肩に荷物を掛けたまま動きまわっていた
・長時間の精密作業

原因に覚えがあるときはそのようなことをしていたりします。
原因が特定できないけれどジワジワと痛み出した、という方もいらっしゃいます。

症状は
・高いところのものを取ろうとするなど、手を高く上げようとして痛みが出る
・反対側の肩などを触ろうとするなど、反対方向に動かして痛みが出る
・エプロンの紐や背中のファスナーを操作しようとするなど、手を後ろに回すと痛みが出る
などになります。

感覚的には、肩や腕の筋肉の一部が固まってしまい、
まるで自分の筋肉じゃなくなったかのような、何か薬品を注射してそこだけ筋肉が変質したかのような、
肩こりとはまた違う違和感で、
そこが動きにくくなり、動かそうとすると痛い、という感じです。

この症状は以前は改善が難しい(回復までの時間がかなりかかる)症状とされていましたが、
最近は、〜3回の整体でかなり改善するようになっています。
まったく症状がない状態を0、ひどいときを100とすると、
多くの場合、100から5〜10までは2〜3回の施術でよくなってくれます。

腕が痛みで動かないみなさん!

意外と早くよくなる・・・かもしれないので
一般整体のほうに来てみてくださいね。
30分で十分です。

 

 

-整体雑記帳
-,

Copyright© 金沢市の整体・美脚整体 めぐみの森 , 2020 All Rights Reserved.